11/2(土)防災あずまや設営訓練のお知らせ

  • 2019.10.26 Saturday
  • 11:56
11月2日の11時より、津波避難施設「避難の丘」にある「防災あずまや」の設営訓練を実施します。あずまやの周りに、雨や風をよける幕を取り付けます。どなたでも参加できますので、ぜひどうぞ!
 

※昨年7月にこのブログで紹介した防災あずまやの記事もご覧ください。>コチラ

 

なお、11月5日の津波防災の日、仙台市では今年も沿岸部全域で津波避難訓練を実施します(市HP)。海岸公園冒険広場でも、地震発生8:45、大津波警報8:48発令という想定で、「避難の丘」への避難誘導訓練を行います(休園日のため、訓練参加者以外は園内には入れません)。

 

いつか必ず起きる災害。しっかり備えておきたいと思います。(めん)

 

 

七夕飾り

  • 2019.08.03 Saturday
  • 14:52

今年も仙台七夕が近づいてきましたね!

ぼうひろでも、冒険遊び場のプレーリーダーハウス横に笹竹を立てました。管理棟内にも、あります!

 

 

去年に引き続き「仙台七夕吹き流し再生紙『仙臺七夕祈織(いおり)』」の短冊を、その再生活動に関わっている事業者さんから、白川若林区長を通じてご提供いただきました。

皆さん願い事を書いてくださいね。

 

「仙台七夕吹き流し再生紙」は、仙台市立小中学校の子たちが「児童生徒による故郷復興プロジェクト」の一環で作った七夕飾りを再生したものです。その名も『仙臺七夕祈織(いおり)2017』と言います。

昨日冒険広場に遊びに来ていた子も、「私も折り鶴を折った!」と話していました。

 

 

おととし藤崎前に飾られていた鶴の吹き流しの記憶がよみがえってきそうな、きれいな色合いの短冊ですよ!

 

鳴海屋紙商事さんの方で、解体・分別してリサイクルされたそうです。

 

この再生紙を使った商品なども開発されているそうなので、興味のある方、ぜひ調べてみてくださいね。

 

 

(ね)

再開1周年イベント!

  • 2019.06.22 Saturday
  • 20:08

海岸公園冒険広場では7月6日(土)、7日(日)に「再開1周年イベント」を行います。

 

テーマは「水で遊ぼう!火で遊ぼう!」です。

 

まずは水遊びからご紹介。

 

こちらの写真は移動型あそび場での一コマ。

公園内にある小高い丘にビニールシートを敷いて、お手製のウォータースライダーをしています。

 

上の写真は迫力のある写真(強めの自画自賛)となっていますが、

実際に少し離れて見てみるとこれくらいのサイズです。シートの長さは5メートルほど。

 

なんだかほのぼの。

 

しかし。

 

この「坂にビニールシートを敷いてウォータースライダーにする」

という遊びを冒険広場で行う。

しかもイベントとして。

 

派手にいこうか!

というわけで…

 

これくらいのサイズでやろうと思っています。

写真内で異質な存在感を放つ青い帯がウォータースライダーのサイズ見込みです。

終着点のプールまで入れてのサイズではありますが。

おおよそ30メートルあります。

 

いやー、再開した時からやってみたいと思っていたんですよ。

 

やってみたい!で始まる自由な遊びを形にする。

冒険広場が大切にしているものを実践しました。

 

 

最後になりますが、着替えの準備を忘れずに。

当日は着替えスペースも用意します。

思いっきり遊びましょう。

水遊びは7月6日の土曜日、7月7日の日曜日の二日間開催します。

 

 

続きまして、火の遊び。

 

冒険広場の「冒険あそび場エリア」では、火を使った遊びができます。

遊びに来たことのある方の中には、たき火を囲んでおしゃべりしている様子を見たり、

参加されたりしている方もいるかと思います。

 

この火は人が集まるきっかけにもなりますが、

遊びに使えば普段は加工できないようなものまで遊びの素材にできます。

 

今回のイベントではそのいくつかをご紹介。

その場で実際に作ることもできます。

 

まずはこちら。

ご存知の方も多いかもしれませんが、きらきらビー玉。

クラッシュ(クラック)ガラスなんて呼ばれ方もするようですね。

 

様々な方向に反射する光が非常に美しい…。

そのまま置いてもきれいでしょうし、何かしら手を加えて装飾品にもできそう。

 

 

お次はこちら。

釘ナイフ。名前の通り釘から作るナイフです。

 

鍛冶屋さんの仕事を想像できるでしょうか。

鉄を熱して、叩いて形を作っていく…

 

アレです。

 

こんな感じで作っていきます。

鍛冶屋さんの仕事場だと鉄が真っ赤になっているイメージがありますが、

対象が小さいので割とあっという間に元の色に戻ってしまいます。

 

それでも触ったら十分火傷をする熱さですので手袋を忘れずに。

 

 

火を使うことで、遊びの世界は急激に深みを増すように思います。

「それができるなら…」という発想も刺激されます。

火の扱いに習熟していくことで、できることの幅もどんどん広がります。

 

子どもの「面白そう」「やってみたい」に端を発する集中力、追求力は驚くべきものがあります。

火を使った遊びの持つ「深み」は、そうした子どもの力を引き出します。

 

火の遊びは7月7日の日曜日のみ開催します。

 

最後に。

 

冒険広場はあまりイベントを行わない方だと思います。

スタッフが企画したイベントを行うと、遊びに来る皆さんの「やってみたい」が生まれてくるきっかけを、

私たちの遊びが飲み込んでしまう…ということを嫌ってのことです。

また「イベントでやるような遊びは特別で、普段はできないもの」という認識が生まれてしまうことを恐れての事でもあります。

本来的には「なんだってできる」のですから。イベントとして行うことによって、本来は子どもの日常の生活の中に存在するはずの遊びが、特別で遠いものとして認識されてしまうのが嫌なのです。

 

 

今回、再開1周年というタイミングでイベントを行うのは、

この公園は「こんなことだってできる」ということを、遊びに来る皆さんに知ってもらうために行うものと考えています。

 

このイベントをきっかけに、

「じゃあさ!じゃあさ!これをさ!こうしてさ!」

「いいこと思いついた!」

といった具合に、多くの方から様々な「あそび」が生まれてくるのではないかとワクワクしています。

 

 

(しんぞー)

 

ぼうひろ星空観察会

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 15:22

5月24日、海岸公園冒険広場に仙台市の移動天文台「ベガ号」を呼んで、星空観察会を開催しました。

 

始まる直前から雲が出てきて、はじめは星が見えにくい状況でした。

 

星が出るまで管理棟のホールに集まり、天体のお話を仙台市天文台のスタッフの方からききました。

 

やがて雲のあいだから少しずつ星が見え始め、ぶじ観察することができました。

 

天文台スタッフの分かりやすい説明を受けながら、参加者のみなさんは目当ての星探しに夢中になっていました。

 

街のあかりの影響が少なく、天体観察に適している冒険広場でのこのような機会を、またつくりたいと考えています。

(めん)

6月12日(水)防災あずまやの設営訓練をします。

  • 2019.06.08 Saturday
  • 18:25

 

市民防災の日の、6月12日(水)10時〜 

「避難の丘」にある「防災あずまや」の設営訓練をします。

 

あずまやの周りに、雨や風をよける幕を取り付けます。

どなたでも参加できますので、ぜひどうぞ!

 

防災あずまやは、翌613()まで模擬展示します。

(悪天候等により撤収が困難な場合は展示期間が延びる場合があります)

 

 

なおこの日は、9時〜「仙台市シェイクアウト訓練」実施の日ともなっています。

皆様もぜひご参加ください!
http://www.city.sendai.jp/gensaisuishin/event/h31shiminbousainohi.html

 


7月に本欄で紹介した防災あずまやの記事もご覧ください。>コチラ

(ね)

3月9日(土)防災あずまやを設営します

  • 2019.03.06 Wednesday
  • 11:13

震災発生から8年を前に、39()11時〜 

「避難の丘」にある「防災あずまや」の設営訓練をします。

 

あずまやの周りに、雨や風をよける幕を取り付けます。

どなたでも参加できますので、ぜひどうぞ!

 

 

また併せて、あずまや内に震災前の周囲の写真も展示しておく予定です。

 

なお、防災あずまやは、314()まで模擬展示します。

(悪天候等により撤収が困難な場合は展示期間が延びる場合があります)

 

7月に本欄で紹介した防災あずまやの記事もご覧ください。>コチラ

 また、前回の設営訓練の記事もご覧ください。>コチラ

稲刈り後の田んぼで、イナゴを探そう!(明日の朝です)

  • 2018.09.28 Friday
  • 18:28

 

 

田んぼに広がる若林区六郷・七郷では、稲刈りが進んでいます。

 

 

今日はいよいよ、冒険広場南側すぐの田んぼでも、刈り取りが始まりました!

 

稲刈りと言えば?

 

 

そう、イナゴとり! 

 

 

 

…と答えた方は多くないかもしれませんが、ある世代より上の方は、稲刈り後の田んぼに入ってイナゴとりをした経験がきっとあるはず。

 

 

この地域でも、かつては小学校の行事として子どもたちが一斉にイナゴをとりにいったりしていたそうです。

 

そんなわけで、明日は、となりの田んぼでイナゴを探してみたいと思います!

 

お米をつくっている井土生産組合さんに相談したところ、入ってもいいと快諾いただきました。

 

行ってみたい! という方は、明日の9時半にプレーリーダーハウス前に来てください。

 

地元の方も、「今はもうそんなにいないんじゃないか」と言われたりしますが、探してみたいと思います。

 

 

 

 

 

(ねもと)

 

 「草木染め体験−植物で染める巾着袋−」:平成30年9月21日(金)

  • 2018.09.12 Wednesday
  • 11:30

空が晴れて、風が涼しい

秋になったかなと感じる季節になりましたね。

空が澄んでいて、夕陽がきれいです(前回の更新では虹でしたね)

 

そんな海岸公園冒険広場での、イベントのお知らせです。

 

 

〈「ナチュラルダイ」草木染体験 -植物で染める巾着袋-〉

 

2018年9月21日(金)

14:30-16:00

参加費無料

定員:先着30名程度

   

今回は、復興支援のために草木染のイベントを、児童館や仮設住宅などで行ってきた蝶理株式会社さんと一緒に草木染めをします。

「草木染め」は、植物などの天然由来の染料を使って染め物をする方法です。

 

なんと今回は、「ほうれん草」「にんじん」「ブルーベリー」の3種類!

普段食べている身近な食べ物が、オリジナルの巾着袋へと変身します。

 

参加希望の方は、14:30にプレーリーダーハウス前(地図上★)に集合してください。

どなたでも参加可能です!親子で、お友達同士で、遊びに来てください。

服についちゃうこともあるので、エプロンや汚れてもいい服装で来てくださいね!

 

ゆーきゃん

 

 

 

 

 

七夕飾り

  • 2018.08.04 Saturday
  • 15:06

今日から、管理棟の幼児遊具広場側と、冒険遊び場のプレーリーダーハウス横に、笹竹を立てました。

 

短冊を用意しているので、皆さん願い事を書いてくださいね。

 

 

 

ちなみにこの短冊は、昨年の仙台七夕まつりの際、藤崎の前に飾られていた「児童生徒による故郷復興プロジェクト」の七夕飾りが再生されたものです。

 

鳴海屋紙商事さんの方で、解体・分別してリサイクルされたそうです。

思いを込めて、飾ってください!

 

 

(ね)

 

第3回 冒険遊び場全国一斉開催

  • 2012.11.25 Sunday
  • 12:40
金曜日は「冒険遊び場全国一斉開催の日」でした。11/17〜25は、一斉開催週間。



第1回の「一斉開催」に参加した海岸公園冒険広場は、未だ震災による被害で再開できず、去年に引き続き今年も参加できませんでした。
でも、震災後若林区の6か所で始めた遊び場の方で、今年は参加しました!

 七郷あそび場     11月17日・23日・24日
 卸町五丁目あそび場  11月17日・24日
 六郷あそび場     11月18日・25日
 荒井2号公園あそび場 11月21日
 上荒井公会堂あそびば 11月22日
 ニッペリアあそび場 11月22日

今年は、全国の合計189ヵ所(参加154ヵ所、賛同35団体)で参加賛同表明があったそうです。 特に、東北地方は24カ所と去年(6か所)と比べて大きく増えています。
子どもたちの遊び環境にはまだまだ厳しいものがありますが、こうした取り組みで身近なところから少しずつ生み出していきましょう!




(ね)

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM