再開の日が決まりました! 7月8日(日)です。

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 19:30

 

お待たせしました!

 

海岸公園冒険広場の再開日時が確定しましたので、お知らせします。

 

 7月8日(日) 13時~ です。


震災前の思い出を持っている方も、初めての方も、皆さまの来園、お待ちしています!

 

海岸公園冒険広場HP:http://www.bouken-asobiba-net.com/bouhiro-top

 

震災前を知っている方は、雰囲気の変わりように驚くかもしれません。

まずは、周辺地域の様子と冒険広場に入ってから奥まで見渡せる景観という、全体の雰囲気に。

 

そして、穴もなく、手作りの小屋もない、「キレイ」な冒険遊び場まわりの雰囲気に。

 

でも実は、2005年の開園時も、冒険広場はキレイな公園でした。

そこから、みんながいろいろな「やってみたい」を持ち寄り、表現するなかであの雰囲気になりました。

再開後の公園も、そんなふうに一歩いっぽ歩みを進めていくことになると思います。

 

開園直後の公園を見ておくことで、「変化する公園」「進化する公園」を実感できるかもしれません。

まずは一度、足を運んでみてください。

そして、こんなことをしたいな、あんなことができるかな、…と、大いに夢をふくらませてください!

 

スタッフ一同、皆さんと夢を語り合えるのを楽しみにしています。

 

 


 

それにしても、東日本大震災で休園してから7年4か月、2676日ぶりの開園です。

その日を前に、緊張しつつ、気持ちを新たにしています。

プレーリーダー 根本暁生

再開まで、あと一歩です!

  • 2018.04.01 Sunday
  • 20:00

震災発生以来、海岸公園冒険広場を気にかけていただいていた皆さまに、ご報告です。

 

いよいよ今年の7月、冒険広場は再開する運びとなりました。

再開に向け、本日4月1日より私たちも指定管理者に復帰しています。

あの大津波の襲来を受けてから7年余り。決して短くはない時間でしたが、今になると、あっという間だったようにも思えるのが不思議です。

 

本日の冒険広場の写真を何枚かご紹介しますね。

 

 

 

震災復興の事業は基本が「復旧=元通りに戻す」ことなので、ふわふわドームをはじめとする大小の遊具も、デイキャンプサイトも、ほとんど元と同じように揃っています。ただ、アクセス路の県道10号線がかさ上げされるのと合わせ公園もかさ上げされたこと、何よりまわりの海岸林のほとんどが流失したことで、公園の雰囲気はガラッと変わりました。

 

震災前の思い出を持っている皆さんには、どのように感じられるでしょうか?

 

周辺地域をあらためて見ると、すぐ近くにもっとあったはずの住まいが大きく減っています。

冒険広場のある井土地区も、一部防災集団移転の対象になりました。

 

元々暮らしていた地域に戻って来れない人もたくさんいるなかで公園が再開することには、 正直複雑な思いも持ちます。

ですが、だからこそ再開する冒険広場は「地域とつながり、地域に活気をもたらす公園」になるよう、そのあり方を探っていきたいと思っています。

 

そしてそのためにも、 子どもが自由に遊べる場としての役割を、しっかりと果たしていきたいと思います。

「被災したから応援しよう」という文脈に頼らない価値のもとに生まれる営みがあってこそ、力を得る人がいて、元気になる地域があるとも信じています。

 

 

これまで応援していただいた皆様、ありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願いします。

海岸公園冒険広場は、来園者とつくっていく公園。つくり続けていく公園。

これから始まる新しいストーリーを、一緒につくっていきましょう!

 

 

プレーリーダー 根本暁生

 

海岸公園復興基本計画が策定されました

  • 2014.03.01 Saturday
  • 22:03
本日発行の「仙台市政だより3月号」の巻頭で特集されている通り、
仙台市が「海岸公園復興基本計画」を策定しました。

海岸公園冒険広場(ほか、震災前からあった各施設すべて)の復旧の方向は、昨年策定された「基本構想」の段階で示されいたものですが、より具体的な絵になって表れてきています。

(海岸公園井土地区完成イメージパース:基本計画より)


被災前よりあった冒険遊び場・デイキャンプ場・遊具広場(大型遊具・幼児遊具)については、基本的に以前のイメージで復旧されます。震災前から大きく変わるのは、新たに「震災記憶の継承」の機能が付加されたことです。

計画では、地震発生時の避難などについても、具体的に検討されています。3年前に避難場所となった高台は、正式に避難施設として位置付きました。(蒲生・荒浜・藤塚の他地区では、新たに高台が設けられます。)

冒険広場のある井土地区は、1年後:2015(H27)年度から整備工事が始まり、2017(H29)年度までの予定となっています。また皆さんに遊びに来ていただけるのは4年後くらいというのが、目安になりそうです。

思いっきり遊ぶ子どもたちの姿をはじめ、さまざまに公園を楽しむ方々の姿がここで見られる日を楽しみにしています。


「海岸公園復興基本計画」は、全文が市HPにアップされています。
詳しく見てみたい方は、↓こちらからどうぞ。
仙台市HP「海岸公園再整備事業」

管理棟の解体が始まりました。

  • 2013.02.04 Monday
  • 14:58

2月4日からいよいよ津波被害をうけた管理棟及び外トイレ、外倉庫の解体が
はじまりました。

トイレから始めた様子です。屋根が壊れています。

震災後土砂や瓦礫のかきだしなど、管理棟と外の倉庫の中は片付けました。
年明けから解体が始まるという情報を得て、まだ使えそうなもの、残しておきたい物などの
整理と運び出しをしました。
しかし、このトイレだけは震災当日津波に襲われた当時のままで残っていました。

管理棟、トイレが解体されるともう津波の痕跡は撮りためた写真でしか確認できません。
まもなく2年になります。
これまでの記録を整理し、きちんと残していく予定です。

この解体工事は、次へのステップの始まりなのだと思います。
ゆっくり、ゆっくりではありますが。  (おかん)



 

2度目の臨時開園について:3月18日・25日

  • 2012.03.08 Thursday
  • 20:17


3月後半、2度目の臨時開園を行います。
震災から1年が過ぎた冒険広場に会いに来ていただければ幸いです。
11/20の臨時開園では「もう少しゆっくりしたい」との声も寄せられたので、今回は午前・午後の時間制限はなくし一日好きな時間に公園にいていただけるようになりました。

当初の締め切りは過ぎましたが、現在、電子メールにて追加募集を受け付けています。
詳しくはこちらをご確認ください。

臨時開園

  • 2011.11.23 Wednesday
  • 01:30

11月20日(日)のぼうひろ臨時開園は、快晴に恵まれ450人もの来園者を迎えることができました。






周囲の海岸林が消え、震災がれきとそれを燃やすための焼却炉に囲まれたぼうひろの変わり様に驚きながらも、それぞれ思い思いのあそびを楽しんでいました。






冒険広場の遊具は津波の被害を免れたためほとんどが健在ですが、空気を送り込むために電力の必要なふわふわドームは萎んで水たまりができています。


ぼうひろ名物のリヤカー「てすたろっさ」で久しぶりにあそぶ子どもたち。






園路に子どもたちが描いたチョークの絵の中に嬉しいメッセージを見つけて、ぼうひろの本格的な再開をなんとしても実現しなければと思いました。

<めん>

ぼうひろ、震災後初めての開園について

  • 2011.11.04 Friday
  • 22:31


HPではすでにご案内していましたが、ぼうひろは、11月20日(日)に震災後初めて開園します。漂流木材や土砂、施設の壊れた残骸等を撤去したほかに、施設の復旧はまだ何も行えてはいません。「再開」といっても、壊れたところ・残ったところを「とにかく見てもらう」というのが、今回のせいいっぱいです。
また、本来思い立って自由に遊びに来られるような場所なのが、事前申込み制という制約を設けざるをえず、心苦しいばかりです。

ただそれでも、こうして皆さんに呼びかけて開園できるのは、ぼうひろにとっては大きな一歩です。

このブログをはじめ、どうなっているか心配しているとの声をたくさんいただきました。また以前のように思いっきり遊べる場になることを期待する、たくさんの応援をいただきました。
そんな皆さんにも、津波に破壊されたままのところ、そんななかしっかりと残ったところ、まずは現状を見ていただければと思います。

また、冒険広場北側の海岸林跡地は、市全体の復興のための役割を担うべく、「震災がれき」の一時置き場となっています。今現在は、引き続き南側の海岸林跡地も整地が進められています。沿岸部の現実は、まだまだ「復興」という言葉には程遠い状況ではありますが、それでも日々少しずつ変わっていっています。そこに立った時には、僕自身も目の前の状況をどう受け止めてよいかわからずに呆然としたり、悲しくなるようなこともあるのが現実です。
でも今は、それらも含め、多くの人に知っておいていただくのがよいかと思っています。

臨時開園は、現在<午後の部(1時~3時)>のみ募集中です。(詳しくはこちら
ぜひお申し込みください。

根本暁生



3月11日から半年を過ぎての活動報告

  • 2011.09.30 Friday
  • 23:30

冒険広場のことを気にかけていただき、また、応援していただいている皆さま へ

被災後、このブログのコメントをはじめ、多くの方々に応援の言葉をかけていただきました。
なかなかまとまった報告ができませんが、この「ぼうひろブログ」のほか、プレーリーダー「おかん」のブログ、担当理事「がっこちょ」のブログなどで紹介されているように、私たちは「今できること」を見つけ、この半年の間、取り組んできました。

大きく分けると、以下の3つになります。

1.「海岸公園冒険広場」再開に向けての歩み
 冒険広場周辺の被害は大きく、今後の防災・減災のため、アクセス道路のかさ上げなど抜本的な対策が検討されています。復興計画がもうじき決まりますが、冒険広場周辺をどのように再整備していくかは、今後の課題となっています。再開もそれらの動きと密接に関係しており、現段階では「いつ頃に」とは言えない状態です。
 この半年は、最低限の物品救出・片づけを行なったのち、津波の痕跡の保存やその後の園内外の様子の記録を行なってきました。また、周辺でこれだけ広い範囲が浸水しなかったのは冒険広場の高台だけだったために訪ねて見えた多くの研究者・実践者の皆さんへは、今後の復興や減災計画の参考のためできるだけ協力しました。先が見えない中、少しでも先につながるものを探っています。
 なお、7月末日に行なった植樹「いのちをつなぐ森プロジェクト」の際は、限定的ではありましたが地震後初めて数百人の方を冒険広場に迎えることができました。今後も、通常開園には時間かかるとしても、皆様に足を運んでいただける臨時の機会をつくることができないか、検討しています。

2.海岸公園を離れての、遊び場の活動
 上記のように冒険広場の再開の見込みが立たない中、他の団体が実施する遊び場活動にプレーリーダーを派遣するところから遊び場の取り組みを開始。今では、これまでのつながりを活かしながら、若林区六郷・七郷両地域の4か所で新たに出張遊び場の活動を行なうようになりました。
 私たちが目指しているのは、子どもの健やかな育ちのために、もともと冒険広場が持っていた役割を担うことと、またこの震災のなか必要性が叫ばれるようになった「心のケア」等の観点からの役割を担うこと、この2つです。小学校の校庭の一角、市民センター・児童館と小学校に挟まれた公園、一部に仮設住宅の建った公園、仮設住宅の敷地内、いずれも週1日ずつ小ぢんまりとではありますが、続ける中で少しずつ定着してきたように感じています。しばらくは継続して活動していく予定です。

3.その他、子どもたちの支援活動
 保育園等への支援物資の提供や、県外キャンプへの児童の参加協力など、宮城内外の団体が取り組む被災地支援活動を共に実施したり、後から協力したりする形で、様々な子ども支援活動を行なってきました。
 地元地域の幼児施設の再開支援なども行なっています。

冒険広場や周辺の地域が津波に飲まれるのを目の当たりにした3月11日の直後は、何ができるのか、何からしたらよいのか、全くわかりませんでした。それでも、1か月、3か月、半年とたつ間に一歩ずつでも歩みを進めることができたのは、多くの皆さんからの応援の言葉をはじめ、物的に、資金的に、…様々な形の支援があったからでした。この場を借りてお礼を申し上げます。

被災地支援は、緊急の支援から長期的な支援へと段階が移ってきました。全体の都市機能が回復する一方でまだまだ生活再建の道筋も見えない方もたくさんいらっしゃるなか、私たちも、息の長い取り組みをできたらと考えています。
皆さまにも、長く見守っていただければ幸いです。どうぞよろしくお願いします。

海岸公園冒険広場 プレーリーダー  根本暁生

 

再建に向けて

  • 2011.04.16 Saturday
  • 08:02


3/11(金)に襲った大津波で大きく被害を受けた、海岸公園冒険広場。

冒険遊び場・大型遊具のある高台部分は奇跡的に残ったものの、それ以外の部分はそう簡単に手をつけられる状態でなく、また何より周辺地域が大きな被害を受け立ち入ること自体ができない状況の中、当初は再開などとても考えられる状況ではありませんでした。

しばらくは、「ここに戻ってできることはない」「別の場所で何ができるかを考えた方がいい」と思っていました。

ですが、その後何度か公園に戻り、残されたものの様子を見て感じる中で、また、公園に遊びに来ていた地元の子と会って話したりもする中で、今は「残されたもの」としての役割を果たしていくことこそ必要かと考えるようになりました。
現在、スタッフの中で「何ができるか」を話しています。また、協力を申し出てくださった専門家の方々もいて、一緒に考え、取り組んでもらえそうです。

今は、何としても再建していく決意です。


そこで、冒険広場に来ていた皆さんにお願いがあります。
公園での思い出や公園への思い、これから期待すること、やりたいこと、…などのメッセージをお寄せください。それを、力にしたいと思います。
このブログへのコメントや、直接boukenhiroba@bz01.plala.or.jpにメールをいただいても結構です。ご紹介させていていただきます。

冒険広場は、これまでも「来園者と一緒につくる公園」を目指してきました。これからの再建も、皆さんと共に歩めたらと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

根本暁生


※4/3に公園を訪れた時のツクシです。展望台の下、海水をかぶったところでしたが、力強く、空に向かって伸びていました。


今回の地震・津波での海岸公園冒険広場の被災状況について

  • 2011.03.26 Saturday
  • 21:37
※以下の文は、先ほど「ねもと@ぼうひろ」の方に投稿していたものです、あらためてこちらの「ぼうひろブログ」に投稿させていただきます。
PCも水没してしまったため、公園公式HPは、しばらく更新が難しい状況です。公園について、新たなお知らせがある場合には、当面この「ぼうひろブログ」にてお伝えします。その他、被災地の子どもたちの状況にかかわるもろもろは、「ねもと@ぼうひろ」にてお伝えできればと思います。

=====================
今回の地震・津波での海岸公園冒険広場の被災状況について

繰り返し報道されています通り、海岸公園冒険広場のある仙台市若林区の海岸〜田園地帯は地震後約1時間後に襲来した大津波により大きな被害を受けました。
見知った集落が流され、亡くなられた方や2週間たった今も安否がわからない方もいて、心をいためております。

海岸公園冒険広場についても、冒険遊び場・大型遊具広場のある高台部分を残し、デイキャンプ場・駐車場・管理棟は津波に飲み込まれました。復旧の見通しは立ちません。

14:46地震があった時に公園に来ていた来園者の皆さんについては、15時過ぎには全員の避難が完了しました。
15:50頃の大津波襲来時には、地元からの避難者3名(+2匹)と私も含む公園スタッフ2名が園内に残っていましたが、高台部分にいたため全員無事で、1時間余りしてから自衛隊ヘリにて救出されました。
地震時に公園にいて、そのまま地元・荒浜新町地区の方の避難誘導に向かった町内会長さんも無事が確認されたと聞き、ほっとしています。また公園職員についても、当日勤務していて避難した荒浜地区在住の者も含め全員無事でした。ありがとうございます。

今は、安否の確認できない方が一刻も早く見つかることを願うと共に、亡くなられた方の冥福を祈りたいと思います。

そして、これから先、よりつらい状況にある被災者・被災地を支えていくことは、幸いにして命をいただいた私たちの使命だとも考えています。動きが始まりましたら、少しずつご報告していけたらと思います。

平成23年3月26日 海岸公園冒険広場プレーリーダー 根本暁生



※なお、地震時に公園にいて避難した方でこのページをご覧になられた方がいれば、ぜひ安否をお知らせください。 > boukenhiroba@bz01.plala.or.jp / 070-6492-6232

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM