再開の日が決まりました! 7月8日(日)です。

  • 2018.06.12 Tuesday
  • 19:30

 

お待たせしました!

 

海岸公園冒険広場の再開日時が確定しましたので、お知らせします。

 

 7月8日(日) 13時~ です。


震災前の思い出を持っている方も、初めての方も、皆さまの来園、お待ちしています!

 

海岸公園冒険広場HP:http://www.bouken-asobiba-net.com/bouhiro-top

 

震災前を知っている方は、雰囲気の変わりように驚くかもしれません。

まずは、周辺地域の様子と冒険広場に入ってから奥まで見渡せる景観という、全体の雰囲気に。

 

そして、穴もなく、手作りの小屋もない、「キレイ」な冒険遊び場まわりの雰囲気に。

 

でも実は、2005年の開園時も、冒険広場はキレイな公園でした。

そこから、みんながいろいろな「やってみたい」を持ち寄り、表現するなかであの雰囲気になりました。

再開後の公園も、そんなふうに一歩いっぽ歩みを進めていくことになると思います。

 

開園直後の公園を見ておくことで、「変化する公園」「進化する公園」を実感できるかもしれません。

まずは一度、足を運んでみてください。

そして、こんなことをしたいな、あんなことができるかな、…と、大いに夢をふくらませてください!

 

スタッフ一同、皆さんと夢を語り合えるのを楽しみにしています。

 

 


 

それにしても、東日本大震災で休園してから7年4か月、2676日ぶりの開園です。

その日を前に、緊張しつつ、気持ちを新たにしています。

プレーリーダー 根本暁生

再開まで、あと一歩です!

  • 2018.04.01 Sunday
  • 20:00

震災発生以来、海岸公園冒険広場を気にかけていただいていた皆さまに、ご報告です。

 

いよいよ今年の7月、冒険広場は再開する運びとなりました。

再開に向け、本日4月1日より私たちも指定管理者に復帰しています。

あの大津波の襲来を受けてから7年余り。決して短くはない時間でしたが、今になると、あっという間だったようにも思えるのが不思議です。

 

本日の冒険広場の写真を何枚かご紹介しますね。

 

 

 

震災復興の事業は基本が「復旧=元通りに戻す」ことなので、ふわふわドームをはじめとする大小の遊具も、デイキャンプサイトも、ほとんど元と同じように揃っています。ただ、アクセス路の県道10号線がかさ上げされるのと合わせ公園もかさ上げされたこと、何よりまわりの海岸林のほとんどが流失したことで、公園の雰囲気はガラッと変わりました。

 

震災前の思い出を持っている皆さんには、どのように感じられるでしょうか?

 

周辺地域をあらためて見ると、すぐ近くにもっとあったはずの住まいが大きく減っています。

冒険広場のある井土地区も、一部防災集団移転の対象になりました。

 

元々暮らしていた地域に戻って来れない人もたくさんいるなかで公園が再開することには、 正直複雑な思いも持ちます。

ですが、だからこそ再開する冒険広場は「地域とつながり、地域に活気をもたらす公園」になるよう、そのあり方を探っていきたいと思っています。

 

そしてそのためにも、 子どもが自由に遊べる場としての役割を、しっかりと果たしていきたいと思います。

「被災したから応援しよう」という文脈に頼らない価値のもとに生まれる営みがあってこそ、力を得る人がいて、元気になる地域があるとも信じています。

 

 

これまで応援していただいた皆様、ありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願いします。

海岸公園冒険広場は、来園者とつくっていく公園。つくり続けていく公園。

これから始まる新しいストーリーを、一緒につくっていきましょう!

 

 

プレーリーダー 根本暁生

 

開園11周年、海岸公園冒険広場の今

  • 2016.07.23 Saturday
  • 08:45

海岸公園冒険広場は、2005年7月23日に開園してから、今日で11周年を迎えました。

2011年3月11日以降の休園はもう6年目。間もなく、開園していた期間よりも休園期間の方が長くなります。でも、2018年の再開に向け、復旧・復興工事は着実に進んでいます。 2016年の5月には、海側の高台部分について「避難の丘」としての整備が完了しました。

「避難の丘」は、仙台市が東部沿岸地域の海岸公園で合計4カ所整備を進めていますが、今回はその第1号となりました。最も海側にあった「冒険展望台」のある丘(標高約15m)の部分が広くなり、約700人が避難できるようになりました。

6月の仙台市政だよりの表紙↑をご記憶の方、あれが冒険広場の「避難の丘」です。(なお、公園再開までは、緊急時のみ利用可能となります。)

 

今年度は、いよいよデイキャンプ場・駐車場・管理棟などがあった県道側の部分のかさ上げ・復旧工事が始まりました。

あと2年。ようやく再開を感じられる時期になってきたように思います。

 

まだ「間もなく」とは言えない時間がありますが、震災以降私たちは「仙台市海岸公園冒険広場サテライト業務」として実施する「七郷あそび場」をはじめ、冒険広場周辺地域で巡回型の遊び場活動に取り組んでいます。よろしければ遊びに来てください。

そのほか臨時で仙台市内外各所に行くこともありますので、お越しの際はぜひお声掛けください。

(詳しくは、当会HPをご覧ください。)

 

(ねもと)

今日で、ぼうひろは満10歳になりました!

  • 2015.07.23 Thursday
  • 23:54
今日、2015年7月23日は、海岸公園冒険広場がオープンしてからちょうど10年になる日です。
海岸公園冒険広場は、東日本大震災で被災し現在は休園中。満10歳の日を、冒険広場で遊ぶのを楽しみにしていた皆さんと現地で迎えられないのが、残念です。

でも、朗報もあります。この秋、いよいよ冒険広場の再開に向けた復旧工事が始まることとなったのです。
これから2年半をかけて、冒険遊び場・デイキャンプ場・遊具広場はそれぞれもとのように整備されていきます。
もちろん、失われてしまった周囲の松林はすぐには元のようには育ちません。冒険広場と切っても切り離せなかった豊かな自然の再生には時間がかかるでしょう。でも、今年は農地に関しては全て再開し、地域には色が取り戻されてきたようにも思えます。やっぱり、田んぼに稲が育っているのは、いいですね!

最後に、一つご紹介。一番上の写真に写っているのは、震災後実生で出てきた松です。展望台の北側の斜面に生えています。
そしてここは、あの3月11日に津波が到達したライン上になります。枯れ枝や松ぼっくりなどが流され、堆積していたところです。「その日に運ばれた松かさの中の種が芽を出した」のかどうかは確かにはわかりません。でも「自分の力ではどうにもならないものに翻弄されつつも、負けずに生きていく」そんな自然の力強さも感じさせられます。

2018年予定の再開の時には、どれだけ大きく育っているか。
皆さん、ぜひ、見に来てください!


 
2015年6月29日撮影


  2011年3月11日撮影の浸水ライン

  2011年4月28日に、浸水ライン痕跡を保存


 

海岸公園冒険広場

  • 2014.07.11 Friday
  • 07:51
7月8日、火曜日。
東日本大震災で被災し現在休園中の海岸公園冒険広場に仙台市の調査が入りました。
リーダーハウスとトイレの建物の構造的なものの確認と、傷んだもの、修繕箇所の確認のためです。

今後まだ県道10号線の嵩上げや周辺整備などもあり、実際に海岸公園冒険広場の再開にむけた工事が入るのはまだ先ですが、
こうして調査が入ると、再開の日は間違いなくやってくる と実感できます。





 

海岸公園復興基本計画が策定されました

  • 2014.03.01 Saturday
  • 22:03
本日発行の「仙台市政だより3月号」の巻頭で特集されている通り、
仙台市が「海岸公園復興基本計画」を策定しました。

海岸公園冒険広場(ほか、震災前からあった各施設すべて)の復旧の方向は、昨年策定された「基本構想」の段階で示されいたものですが、より具体的な絵になって表れてきています。

(海岸公園井土地区完成イメージパース:基本計画より)


被災前よりあった冒険遊び場・デイキャンプ場・遊具広場(大型遊具・幼児遊具)については、基本的に以前のイメージで復旧されます。震災前から大きく変わるのは、新たに「震災記憶の継承」の機能が付加されたことです。

計画では、地震発生時の避難などについても、具体的に検討されています。3年前に避難場所となった高台は、正式に避難施設として位置付きました。(蒲生・荒浜・藤塚の他地区では、新たに高台が設けられます。)

冒険広場のある井土地区は、1年後:2015(H27)年度から整備工事が始まり、2017(H29)年度までの予定となっています。また皆さんに遊びに来ていただけるのは4年後くらいというのが、目安になりそうです。

思いっきり遊ぶ子どもたちの姿をはじめ、さまざまに公園を楽しむ方々の姿がここで見られる日を楽しみにしています。


「海岸公園復興基本計画」は、全文が市HPにアップされています。
詳しく見てみたい方は、↓こちらからどうぞ。
仙台市HP「海岸公園再整備事業」

管理棟の解体が始まりました。

  • 2013.02.04 Monday
  • 14:58

2月4日からいよいよ津波被害をうけた管理棟及び外トイレ、外倉庫の解体が
はじまりました。

トイレから始めた様子です。屋根が壊れています。

震災後土砂や瓦礫のかきだしなど、管理棟と外の倉庫の中は片付けました。
年明けから解体が始まるという情報を得て、まだ使えそうなもの、残しておきたい物などの
整理と運び出しをしました。
しかし、このトイレだけは震災当日津波に襲われた当時のままで残っていました。

管理棟、トイレが解体されるともう津波の痕跡は撮りためた写真でしか確認できません。
まもなく2年になります。
これまでの記録を整理し、きちんと残していく予定です。

この解体工事は、次へのステップの始まりなのだと思います。
ゆっくり、ゆっくりではありますが。  (おかん)



 

2度目の臨時開園について:3月18日・25日

  • 2012.03.08 Thursday
  • 20:17


3月後半、2度目の臨時開園を行います。
震災から1年が過ぎた冒険広場に会いに来ていただければ幸いです。
11/20の臨時開園では「もう少しゆっくりしたい」との声も寄せられたので、今回は午前・午後の時間制限はなくし一日好きな時間に公園にいていただけるようになりました。

当初の締め切りは過ぎましたが、現在、電子メールにて追加募集を受け付けています。
詳しくはこちらをご確認ください。

臨時開園

  • 2011.11.23 Wednesday
  • 01:30

11月20日(日)のぼうひろ臨時開園は、快晴に恵まれ450人もの来園者を迎えることができました。






周囲の海岸林が消え、震災がれきとそれを燃やすための焼却炉に囲まれたぼうひろの変わり様に驚きながらも、それぞれ思い思いのあそびを楽しんでいました。






冒険広場の遊具は津波の被害を免れたためほとんどが健在ですが、空気を送り込むために電力の必要なふわふわドームは萎んで水たまりができています。


ぼうひろ名物のリヤカー「てすたろっさ」で久しぶりにあそぶ子どもたち。






園路に子どもたちが描いたチョークの絵の中に嬉しいメッセージを見つけて、ぼうひろの本格的な再開をなんとしても実現しなければと思いました。

<めん>

ぼうひろ、震災後初めての開園について

  • 2011.11.04 Friday
  • 22:31


HPではすでにご案内していましたが、ぼうひろは、11月20日(日)に震災後初めて開園します。漂流木材や土砂、施設の壊れた残骸等を撤去したほかに、施設の復旧はまだ何も行えてはいません。「再開」といっても、壊れたところ・残ったところを「とにかく見てもらう」というのが、今回のせいいっぱいです。
また、本来思い立って自由に遊びに来られるような場所なのが、事前申込み制という制約を設けざるをえず、心苦しいばかりです。

ただそれでも、こうして皆さんに呼びかけて開園できるのは、ぼうひろにとっては大きな一歩です。

このブログをはじめ、どうなっているか心配しているとの声をたくさんいただきました。また以前のように思いっきり遊べる場になることを期待する、たくさんの応援をいただきました。
そんな皆さんにも、津波に破壊されたままのところ、そんななかしっかりと残ったところ、まずは現状を見ていただければと思います。

また、冒険広場北側の海岸林跡地は、市全体の復興のための役割を担うべく、「震災がれき」の一時置き場となっています。今現在は、引き続き南側の海岸林跡地も整地が進められています。沿岸部の現実は、まだまだ「復興」という言葉には程遠い状況ではありますが、それでも日々少しずつ変わっていっています。そこに立った時には、僕自身も目の前の状況をどう受け止めてよいかわからずに呆然としたり、悲しくなるようなこともあるのが現実です。
でも今は、それらも含め、多くの人に知っておいていただくのがよいかと思っています。

臨時開園は、現在<午後の部(1時~3時)>のみ募集中です。(詳しくはこちら
ぜひお申し込みください。

根本暁生



calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM