blog index

ぼうひろブログ

現在、海岸公園冒険広場は東日本大震災によって被災してしまい、やむを得ず休園しています。しかしながら、スタッフは止まることなく、様々な活動に取り組んでいます。
ぼうひろブログでは海岸公園冒険広場の情報とともに、このようなスタッフの活動の様子もお伝えしていきます。
冒険あそび場-せんだい・みやぎネットワークのホームページ(http://www.bouken-asobiba-net.com/)
とあわせてご利用ください。
<< 今回の地震・津波での海岸公園冒険広場の被災状況について | main | 七郷あそび場、はじまりました! >>
再建に向けて


3/11(金)に襲った大津波で大きく被害を受けた、海岸公園冒険広場。

冒険遊び場・大型遊具のある高台部分は奇跡的に残ったものの、それ以外の部分はそう簡単に手をつけられる状態でなく、また何より周辺地域が大きな被害を受け立ち入ること自体ができない状況の中、当初は再開などとても考えられる状況ではありませんでした。

しばらくは、「ここに戻ってできることはない」「別の場所で何ができるかを考えた方がいい」と思っていました。

ですが、その後何度か公園に戻り、残されたものの様子を見て感じる中で、また、公園に遊びに来ていた地元の子と会って話したりもする中で、今は「残されたもの」としての役割を果たしていくことこそ必要かと考えるようになりました。
現在、スタッフの中で「何ができるか」を話しています。また、協力を申し出てくださった専門家の方々もいて、一緒に考え、取り組んでもらえそうです。

今は、何としても再建していく決意です。


そこで、冒険広場に来ていた皆さんにお願いがあります。
公園での思い出や公園への思い、これから期待すること、やりたいこと、…などのメッセージをお寄せください。それを、力にしたいと思います。
このブログへのコメントや、直接boukenhiroba@bz01.plala.or.jpにメールをいただいても結構です。ご紹介させていていただきます。

冒険広場は、これまでも「来園者と一緒につくる公園」を目指してきました。これからの再建も、皆さんと共に歩めたらと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

根本暁生


※4/3に公園を訪れた時のツクシです。展望台の下、海水をかぶったところでしたが、力強く、空に向かって伸びていました。


| bouhiro | 震災後の大事なお知らせ | 08:02 | comments(27) | trackbacks(1) |
コメント
息子とよく利用させていただいておりました。
砂場が好きで、必ず何時間も遊んでました。
夏はプール遊び。
楽しい思い出がたくさんあります。

また公園で遊べるように、瓦礫の片付け、他に何かできることがあれば是非ご協力させてください!
| ぜんたろう | 2011/04/18 5:31 PM |
ぜんたろうさん、プレーリーダーの「おかん」です。
応援ありがとうございます。

公園は半分残りました。残っています。
子どもたちが遊んで掘った穴も、ぼうひろ大明神も、ほったて小屋も、昨日まで子どもたちが遊んでいたかのようにそこにあります。

必ず再開します。一緒に再開に向けて動いていきましょう。
ぜんたろうさんのような熱い応援が、再開にむけた原動力になります。

一緒に進んでいきましょう!!ありがとう。
| おかん | 2011/04/20 9:24 AM |
ちびひろで我が家の双子、一年間、蟹採りやら、焼き芋などお世話になり、それ以外でも柴田から車を飛ばして、夏の水遊びやら、プレーリーダーハウス前での穴掘り・泥遊び、雨の日のつるつる滑る中でのぼよんぼよん遊び、焚火、ぼうひろ祭りでのへびパン焼き。本当にたくさんの思い出があります。子供たちにとっても、私にとっても、大切な場所です。
| はに | 2011/04/22 10:19 PM |
はにさん、コメントありがとう!!

ちびひろで一緒に遊んだサリーも元気でいます。

海岸公園冒険広場が開園したときからの思い出が、私たちスタッフにもたくさんあります。
こうして応援してくださるみなさんとともに、新たな足跡をつけていきたいです。
みなさんの大切な場所、きっと復旧させます。

またぼうひろで遊びましょう。

| おかん | 2011/04/23 9:03 AM |
あの震災のとき、真っ先に思い描いたのが冒険広場のことでした。3年前まで仙台に住んでいましたが、できたてほやほやの冒険広場を偶然見つけて以来、幼い子供たちを連れて、週末ごとに泉区からなんど訪れたか分かりません。本当に素敵なところで、周りの人にも自慢しまくって、行くたびに利用者が増えていくのが誇らしいようなちょっと残念なような複雑な気持ちでした。笑

泥だらけになって朝から夕方までたっぷり遊んだ思い出は、子供達の心の基礎となって大人になるまでずっと生き続けていくと信じています。

震災の後、冒険広場がどうなっているか、怖くて今まで調べられませんでした。
ですが全員無事だったと聞いて本当にほっとしています。よかったです!あの高台も生き残ってくれていて嬉しいです。

冒険広場は、他の規制だらけの公園では育めないものをたくさん学ぶことができました。親としてもたくさん勉強になりました。
今はもう他県に引っ越してしまいましたが、どうかまた再開されることを仙台の子供達のために希望します。一瞬で全てがなくなってしまったことに対する無力は想像するに余りありますが、どうぞ、また再建のニュースが聞ける日を待っています。



| yu | 2011/04/25 10:09 AM |
青葉区国見に住んでいますが、暑い日も寒い日も通っていました。
1月で3歳を迎えた娘は、小さいころから冒険広場の「フワフワドーム」が大好き!!一番長いすべり台も1人で滑ってました。(年齢が満たしていなかったんですけどね…)

砂遊びとか、青空の下、食事ができたり…仙台市内でこんなに自然に触れて遊べるところがあって、とても嬉しかったです。

娘は「フワフワドーム」がしたくてうずうずしています。
もちろんそれだけではなく、外で遊ぶのが大好きなのです!

復旧するのは大変だと思います。
私のような一個人で応援できるのもたかが知れていると思います。
でもぜひ、応援させてください!!

子どものためにも、家族の絆や思いでを作るためにも必要な場所だと思います。



| ちいまま | 2011/04/25 5:20 PM |
yuさん、遠く県外からの応援ありがとうございます。

「泥だらけになって朝から夕方までたっぷり遊んだ思い出は、子供達の心の基礎となって大人になるまでずっと生き続けていくと信じています。」

この言葉は本当に嬉しいです。
子どもたちには、大人になって子どもの頃のことを活き活きと語れる、ワクワクする体験をたくさんして育ってほしいと願っています。
 泥だらけになって、夕方まで遊ぶ子どもをジッと見守っていらしたyuさんもステキです。そんなお母さんに見守られてお子さんも大きくなられたことでしょうね。

yuさんのあたたかい、そして力強い応援の声をいただいてスタッフ全員益々力がわきます。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
   
            海岸公園冒険広場スタッフ一同

| おかん | 2011/04/25 10:51 PM |
ちいままさん、「一個人」のこうした応援がとても大切ですし、とても嬉しいです。ありがとうございます。

夏の暑いときは海風でベタッと暑く、寒い時は寒いときで蔵王おろしの強風でとんでもなく寒かったのではないですか?
でも、外遊びの大好きな娘さんには関係のないことだったのですね。これは頼もしい!!

ふわふわドームも今は萎んで、しわしわドームになっていますが、ちゃんといきています。ふわふわドームに戻る日を楽しみに待っていてくださいね。

公園には「シロツメクサ」の緑、「つくし」、シビビィビィと鳴らせるさやのつく「カラスノエンドウ」、ピンクの花を咲かせる「ヒメオドリコソウ」など、津波に負けじ!といろいろな草花がいっぱい出てきています。
大地の力強さを感じます。

ちいままさん、これからも応援お願いしますね。
一緒にまたつくっていきましょう。
よろしくお願いします。

         海岸公園冒険広場スタッフ一同


| おかん | 2011/04/25 11:35 PM |
地元が仙台で今は他県に住んでいます。
今回の震災、津波の被害を聞いたとき、冒険広場はどうなってしまったのだろう、子どもとめいいっぱい遊んだ思い出が流されてしまったようで本当に悲しかった。

 でも、ブログを拝見して新たに前を向いて立ち上がろうとしていることが分かり、私自身も励まされました、落ち込んでばかりじゃいけないと。

 こちらで被災地のために何かできないかと会を立ち上げ活動しております。私自身が子育てママですので、同じ境遇の子育てママ、そして未来や希望がいっぱいの子ども達に対してなにか支援ができたらと思っております。

 会立ち上げのパンフに近所の子ども達の絵(両隣のお友だちと手をつなぐイメージで描いてねとお願いして)を一枚一枚つないでみました。被災地の子ども達ともつながれたら、そしてこの絵はどこかに使えないかしらなんて思っています。


何かお手伝いできることがあれば、ぜひ声をかけてください。

| がっちゃん | 2011/04/25 11:51 PM |
がっちゃん 、コメントありがとうございます。

仙台のご実家は大丈夫だったのでしょうか。

そうですよね、子どもたちは未来そのものですものね。
私たち大人はそれを肝に銘じて子どもたちが「生きたい」と思う社会、「夢をもって生きられる」社会をつくる責任があると思っています。な〜んてエラソー、こりゃいかん。

こどもたちが描いた絵をどこか被災地の子どもたちのところに送りたいとお考えですか?
そうお考えになっていらっしゃるのなら、どうぞ遠慮なくご相談くださいね。その際は、直接記事の中にあるメールアドレスにご連絡ください。
色々なかたちで繋がっていけたらいいですね。

海岸公園冒険広場自体も、私たちスタッフが足を運ぶ度に元気になってきているように感じます。
再開したい、再開してほしいというみなさんの想いが伝わっているのだと思います。

元気を出して前に行きましょう。お手伝いお願いしますね。

       海岸公園冒険広場スタッフ一同


| おかん | 2011/04/26 10:01 PM |
関東在住ですが地元帰省時に一度遊びにいかせていただきました。とても素敵な公園で子供と一緒に大はしゃぎでした。

地震のあと、公園のこと気になってました。皆さん無事で本当によかったです。

いつかまた遊びにいける日を心待ちにしてしています。それまでは、心の中に沢山残っている思い出を何度も何度も思い出します。

再建を決意して下さりありがとうございます!
| たくまま | 2011/04/28 6:59 PM |
私の娘はとても敏感で臆病で、人見知りでした。
その娘が、保育所以外で初めて、他の子供さん達と
楽しく遊ぶ事が出来たのが冒険広場でした。

子供が自由に楽しく遊ぶ場所としてだけでなく、
私が母としての感動と楽しみを感じる場所として
無くてはならない大切なところ。

何かお手伝いできるのなら、させていただきたいです。
私に出来る事は限られているかもしれませんが、
どうか、どうか、子供達の笑顔をこの場所にもう一度。
| まいかまま | 2011/05/03 2:10 AM |
仙台在住時代の3年間、よく遊びに行きました。
ぶっちゃーやスタッフのみなさんにお世話になりました。
私、臨床心理士でスクールカウンセラーをやっておりますが、
子どもたちの心のケアに最も大切なのは、
カウンセラーのケアではなく、親や友達と一緒に外でのびのび遊ぶことだと感じています。
復旧のためにできること(土方仕事でも募金でも)がありましたらお知らせ下さい。
妻がそろそろ第2子を出産する予定です。
来年の春には遊びに連れていけるようになることを願っております。
| 亘理のあおいパパ | 2011/05/05 8:44 AM |
開園から3年間冒険広場にいました。

皆さんの本当に温かい応援メッセージ、読んでいると涙が出てきます。
すごいぞ、ぼうひろ!

復活せねばなるまい!
千年に一度の津波でも残ったんだ。
| ぶんちゃ | 2011/05/05 9:12 PM |
横浜在住ですが、嫁の実家が若林区で遊びに行かせて頂きました。
いろんな遊びを楽しめるこの公園が親子ともに大好きです。
応援しています。頑張ってください!!!
| SG | 2011/05/07 8:13 PM |
たくままさん> ありがとうございます。
心の中にたくさんのぼうひろの思い出があるのですね。
嬉しいです。私の心の中にも、たくさんの思い出が詰まっています。再開したときには是非お話したいですね。
お互いの思い出話!!


まいかままさん> 「子供が自由に楽しく遊ぶ場所としてだけでなく、私が母としての感動と楽しみを感じる場所として
無くてはならない大切なところ。」
なんてステキな…。子育てを楽しんでいる。いいですね!
そんな子育てのお役にたっているぼうひろで嬉しいです。

「母としての感動と楽しみ」こんな気持ちで子どもと接していたら子どもは安心していられますよね。
子どもが教えてくれること、気づかせてくれること、本当に多いです。
見逃さないように、見落とさないように、五感を働かせていたいのもです。
応援ありがとう。


亘理のあおいパパさん> カウンセラーの方から親や友達と一緒に外でのびのび遊ぶことが、子ども達の心のケアにもっとも大切なこと、といっていただけるのは、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
来年の春、ぼうひろで二人のお子さんとお目にかかれるよう頑張っていきたいと思います。


SGさん> 遠い横浜からの応援ありがとうございます。
仙台に実家があるとか、親戚があって遊びに来た、という家族連れがたくさんいました。
私の実家も静岡県なので、南の地域の方とはついそちらの方面の話で盛り上がったりしました。
仙台市は毎年転勤で来られる方も多いと聞きます。
そんな方達とも繋がれるぼうひろがすごいと思っています。
ありがとう!!


ぶんちゃ> 本当にすごいです。こうして次から次に応援してくれる方達からのメッセージにジーンときます。
頑張る勇気が湧いてきます。

これからのぼうひろ、是非見守っていてくださいね。


| おかん | 2011/05/12 1:48 AM |
代表して私がコメントにお返事させていただいていますが、海岸公園冒険広場のスタッフ全員、みなさんの応援メッセージに感謝しています。

ほんとうにありがとうございます。
みなさんのお力をお借りして、一日も早い復興を目指して頑張っていきます。
よろしくお願いいたします。

海岸公園冒険広場スタッフ一同
| おかん | 2011/05/12 1:55 AM |
太白区在住ですが、長男が公園遊びを覚えた頃から何度も何度も遊びに通いました。
次男が生まれ、2人が保育園に通い始めてからは毎年親子遠足でたくさんの思い出を作った大切な場所です。

長男が転んで顔に傷を作ったり、当時1歳半だった次男が初めてチョークで地面に”落書き”したのもここだったなぁ…。

写真を見て子供たちが大好きだった長い滑り台が残ったのを見て涙が止まりませんでした。

また大好きな滑り台やふわふわドームで遊べる日が来ますように。
| りぃ | 2011/05/15 12:36 AM |
りぃさん

ぼうひろへの思いをお寄せいただき、ありがとうございます。その声を無駄にしないよう、動いていきたいと思います。


皆さまにご心配いただいております。

数日前には、ミヤギテレビの「Ohバンデス」に取り上げられたのですが、そちらにも、「どうなっているのか?」と問い合わせが多いとのことでした。

気が付けば、「再建に向けて」を投稿してから1か月。地震からは2か月余りがたちました。
公園の様子なども、このぼうひろブログに載せていけたらと思います。

根本暁生
海岸公園冒険広場スタッフ一同
| ねもと | 2011/05/15 1:06 AM |
長男も次男もちびひろでお世話になった者です。

地震の後、公園のこと、スタッフのみなさんのことをとても心配していました。みなさんがご無事で本当によかった。

ちびひろでも、それ以外でも公園には何度も遊びに行きました。遊びに行くたびに、子どもたちの成長を目の当たりにすることができました。

おんぶで参加していた次男も公園の芝生を走り回るようになりました。

私自身も、自然の息吹を感じ、スタッフの方々といろいろなお話をさせていただき、とても癒される場所でした。

何かあればぜひおてつだいさせてください。

また冒険広場に子どもたちの笑い声が戻ってきますように。
| けんりょうママ | 2011/05/15 11:11 AM |
震災で荒浜方面の被害の一報を聞いて、真っ先に冒険広場の皆さんは!冒険広場は!って心配になっていました。

このブログは、井上きみどりさんの震災にあった女性のためのからだとこころの救急箱から知り、訪問しました。

2年前札幌から転勤で仙台に来て以来、たくさんの思い出をぼうひろで作らせていただきました。とても素晴らしい場所だと思います。応援することしかできないのが心苦しいです。またぼうひろが子どもたちの楽しい場になるよう応援しています。また訪問させていただきます!
| レインボー | 2011/05/15 7:18 PM |
仙台を離れてからまさかこんなことが起きようとは夢にも思いませんでした。

でもぼうひろはまだ残ってます。ほんと奇跡ですね!!
遠くからですが、再建に向けて自分も応援します。



| たまちゅう | 2011/05/21 11:36 PM |
ぼうひろのスタッフの皆さんがご無事で本当によかったです。ずっと気になっていました。

小学生の息子は冒険広場が大好きで、廃材でいろんな物を作ったり、一日中穴を掘って水路を作ったり…楽しい想い出が目を閉じると昨日の事のよう甦ります。
震災後に転勤で他県へ引越ししましたが、3年間住んだ若林区は、私の第二の故郷です。長い休みには必ず帰るつもりです。
いつかまた、冒険広場で一日中遊べる日を楽しみにしてます!
| りか | 2011/05/30 12:42 AM |
地震の後、私の見知った地名が何度も何度もニュースで流れ、若林に住んでいたときの友人に連絡することもはばかられ、泣くしかできない数日を過ごしました。

ずっと、冒険広場はどうなったんだろう、と思っていました。

まだこのブログが残っていて、うれしく思いました。

また、子ども達が元気に遊べる日が来ることを、心から願います。
| いっしき | 2011/09/19 10:31 PM |
ぼうひろスタッフのめんです。みなさまコメントありがとうございます!

ぼうひろ復活に向け、スタッフ一同一丸となって奮闘しています。今後とも応援よろしくお願いします!
| めん | 2011/09/23 7:21 PM |
ぼうひろスタッフの皆様、
昨日の晩(4月20日)に偶然隣のテーブルに座り、少しだけお話させていただいた者です。
 昨日は出張で横浜から来ていたのですが、嫁の実家が仙台のため、帰省した際には息子とぼうひろで楽しく遊ばせてもらっていました。
このような状況の中でも、子供たちが楽しく遊びから学べる場を作るために、いろいろなご苦労をなさっている事と思います。家族そろって応援しています。
| 杉山俊輔 | 2012/04/21 2:00 PM |
杉山さま

昨夜は「ぼうひろ」に気づいていただき、ありがとうございました。遠くから気にかけていただいていたこと、本当にうれしかったです。ぼうひろのお休みはしばらく続きますが、きっとまた遊びに来ていただける日を迎えたいと思っているので、楽しみにしていてください。

また、横浜にも冒険遊び場づくりに取り組んでいる仲間がいます。よければ遊びに行ってみてください。




| ねもと | 2012/04/21 11:56 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://bouhiro.bouken-asobiba-net.com/trackback/1626990
ぼうひろの再建に向けて
再建に向けての思いを、「ぼうひろブログ」に投稿しています。 プレーリーダー「おかん」のブログ4/15付記事に...
| 遊びあふれるまちへ! ねもと@ぼうひろ | 2011/04/21 2:22 AM |


  ⇒冒険あそび場
  -せんだい・みやぎネットワークHPへ


  ⇒海岸公園冒険広場HPへ


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

bolg index このページの先頭へ